スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
みなし定額残業代を採用している企業が注意すべきこと!
みなし定額残業代を採用している企業が注意すべきこと!

給与に一定額(〇〇手当など)を支払うことで

社員にどれだけ残業させても、その一定額以上残業代を

支払う必要がないと思っている会社が多いように思われます。


しかし、平成24年3月8日、最高裁で

定額残業代を認めるには条件が必要であるという判決が言い渡されました。


定額残業代を認める条件は

毎月の給与にあらかじめ一定時間の残業代が含まれるには

① その旨を雇用契約上も明確にされていなければならない


② 給与支給時に支給対象の時間外労働の時間数と残業手当の額が

  労働者に明示されていなければならない。

③ その一定時間を超えて残業させたときは、当然給与支給日に

  別途上乗せして残業手当を支給する旨もあらかじめ明示されなければならない



この①~③は、判決文とは別に裁判官の補足意見として言い渡されました。

この補足意見に法的拘束力はないようですが

今後の実務上では、大きな影響を与えることになると思います。

今後、会社にとっては上記の条件を守ることが必要になってくるでしょう。


いつも応援クリックありがとうございます。
クリックすると、オヤジのひげが伸びます!
  ↓   ↓
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村




経営者の雇用に関する相談解決1600件の実績は、岐阜県でNO.1!

貴社のあらゆる雇用の悩みに対応できます。

いつでもご連絡ください。

  ↓         ↓

柴田秀樹社会保険労務士事務所



タグ:就業規則作成 多治見 就業規則作成 土岐 就業規則作成 瑞浪 就業規則ひな形


スポンサーサイト

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

[2012/12/12 07:48] | 労働基準法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<愛犬レオは家の中! | ホーム | 町内青年部の忘年会!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://higeoyajisharoushi.blog.fc2.com/tb.php/215-ed384e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。