FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
労働災害発生の多かった業種に変化!
労働災害発生の多かった業種に変化!

労働災害発生の多かった業種に変化が起きています。

これまで労働行政が指導や取締の重点対象としていた業種は

建設業、製造業でした。

ところが最近は、小売業、飲食業、社会福祉施設、陸上貨物運送業などの

第三次業での労働災害発生が増えています。

平成14年から平成23年までの10年間の労働災害発生数の推移をみると

建設業の労災数は36%減少、製造業は26%減少しています。

それに比べ、小売業の労災数は同時期に4%増加、飲食業が11%増加、

社会福祉施設にあっては145%の増加です。

陸上貨物運送業では、全労働災害発生数の約1割を占めているようです。

具体的な災害として、小売業では転倒災害が多く

社会福祉施設では転倒災害に加え、腰痛が多いようです。

陸上貨物運送業では、荷台からの転落による骨折などが多発しています。

第三次産業の使用者は、企業内の労働災害発生リスクを減少させるためには

企業内で何が一番多く発生している労働災害か?

どこで?どんな時に?どのくらい?どうして?と分析しながら

まずは調べてみてはどうでしょうか。

そうすれば、企業内で解決法が見つかると思います。


いつも応援クリックありがとうございます。
クリックすると、オヤジのひげが伸びます!
  ↓   ↓
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村




労働トラブル解決を解決1600件以上しており、岐阜県でNO.1の実績!

貴社のあらゆる雇用の悩みに対応できます。

いつでもご連絡ください。

  ↓         ↓

柴田秀樹社会保険労務士事務所



タグ:就業規則作成 多治見 就業規則作成 土岐 就業規則作成 瑞浪 就業規則ひな形


スポンサーサイト

テーマ:日々の出来事 - ジャンル:ブログ

[2013/01/18 18:18] | 日々の出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<キャベツ畑は今が旬! | ホーム | 大企業の「追い出し部屋」とは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://higeoyajisharoushi.blog.fc2.com/tb.php/252-79317877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。