FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
心肺蘇生とAEDの使い方について
円満世襲パートナーの柴田です。

心肺蘇生とAEDの使い方について

先日、心肺蘇生とAEDの使い方について

多治見市消防本部とボランティアの方から講習を受けました。

今までにも何度か救命訓練は受けてきた経験がありますが

今回、とても大きな勘違いをしていたことに気づきました。



心肺蘇生の手段として下記写真の5番に明示してある

胸骨圧迫(心臓マッサージ?)をするのですが、

なぜ、胸骨圧迫をする理由は知っていますか?



私は胸骨圧迫(心臓マッサージ)をする理由は

心臓をもう一度動かすためにやるものだと、ずっと思っていました。

実はそうではないんですね。

心肺停止になると脳が酸欠常態になってしまいます。

それを防ぐために、救急隊員が到着するまでの間

体内に酸素を持った血液を胸骨圧迫をすることで

脳へ血液を少しでも循環させるためだそうです。

いわゆるポンプの役目。

ですから、人工呼吸をしないと

最終的には酸素のない血液だけが循環することになり

脳は死んでしまうようです。

まずは、胸骨圧迫をやり続け、救急隊員たちが到着するまでの

時間稼ぎをするのが、第一発見者の役目だということになります。

人工呼吸と胸骨圧迫の二つ動作は

倒れている人の口から酸素を送り、血液を循環させる行動になります。


もう一つ、なぜ、AEDを使用するかを知っていますか?

私は、AEDを使用することで電気ショックを与え

心肺停止から心臓を動かすための行為であると思っていました。

実はこれも違います。

通常、心筋梗塞などで倒れた場合に心肺停止となったとき

心臓がけいれんを起こした状況だそうです。

AEDは、その心臓のけいれんを止める役割なのだそうです。

そのけいれんを止め、胸骨圧迫をすることで

心臓が自ら動くようになるまで、胸骨圧迫をやり続ける。

そして、はじめて息を吹き返す可能性が出てくるらしいのです。


今回の研修を受けるまで、なぜ胸骨圧迫をやるのか?AEDをやるのか?の

理由を間違えて捉えていした。

救急隊員さんが言っていたのは、多くの人は、AEDをやると蘇生すると思って

胸骨圧迫を止めて、見守ってしまうことがあるが

そんなことはないから、救急隊員が到着するまでは

胸骨圧迫をやり続けてくださいと話されていました。


今回私が感じたのは、こういう研修もやり方だけを教えるのではなく

なぜ、そのことをやるのか?という理由を明確に伝えないと

大きな勘違いを持ったまま、緊急な場面に出くわすことになると思います。

理由がわかっていれば、とっさの良い判断で助かる可能性が

もっと上がるような気がします。

いつも応援クリックありがとうございます。
クリックすると、オヤジのひげが伸びます!
  ↓   ↓
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村




労働トラブル解決を解決1600件以上しており、岐阜県でNO.1の実績!

貴社のあらゆる「人の悩み」に対応できます。

いつでもご連絡ください。

  ↓         ↓

柴田秀樹社会保険労務士事務所



タグ:就業規則作成 多治見 就業規則作成 土岐 就業規則作成 瑞浪 就業規則ひな形

スポンサーサイト

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

[2013/02/02 07:43] | 日々の出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2月17日は高松観世音祭り | ホーム | 厚生労働省が「退職強要の有無に関する調査について」を発表>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://higeoyajisharoushi.blog.fc2.com/tb.php/267-1db0c061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。